妥協知らずで一生懸命
  • 施工実績
  • 資格、信頼実績
  • こだわり
  • 専門店プラン

施工前

1.色決め

施工前に外壁や屋根などの色の打ち合わせをします。色板と呼ばれる塗料の塗られた板を直接見て頂く事も出来ますが、桜咲工務店では、お客様のお家一件一件に手作りシュミレーションシートを作成し、カラーガイドと一緒にお渡ししています。お客様には、出来上がりのイメージが湧きやすいと喜ばれています。

2.近隣挨拶

御近所の方の中には、工事の際に足場を組む音や、敷地周辺を見知らぬ職人が出入りする事を気にされる方がいらっしゃいます。工事前に挨拶をする事で、御近所の方に工事を始める事を知って頂き、工事期間中を不安なく通常通り生活して頂くための、大切な挨拶です。それに加えて、もしご本人が挨拶するとなると、付き合いのある御近所の方であれば良いのですが、付き合いのないご近所の方へはなかなか足が向きにくい事もあると思います。それを当社が行うことで、お客様にとっても安心して頂けると考えております。

3.道具・材料の積込み・準備

翌日の工事で使用する材料や道具は、前日にメモをとり、当日積み込んだ後に確認し、忘れ物があって工期が延びお客様に迷惑をかけないようにしています。

4.倉庫

5.近隣との境目、花壇、物置について

足場を組む前に、家の周りにあるもの、お客様ご自身で動かす事の出来る植木鉢、物干し竿などは移動をお願いします。それ以外の大きなものについては、足場を組む前日までに当社スタッフがお手伝いしますので安心して下さい。
カーポートや倉庫などが外壁近くにある場合、足場を組む前に屋根部分にあたる波板を前日までに取り外します。

6.足場組(作業)

足場組立の際には、「キーンキーン」といった金属音がします。近隣の皆さんのご迷惑にならないよう近隣挨拶の際には、説明を怠らないようにしています。この音が聞こえたら、安全第一を心掛けているんだなと思って頂けたら嬉しいです。

7.車の駐車の仕方について

足場の積み下ろしの際には、歩行者の安全に配慮して、駐車位置を決めます。 駐車中は近隣の方になるべく迷惑をかけないようにしますが、道路幅が狭い場所に駐車せざる負えない時などは、近隣の方に声かけをするようにしています。

8.高圧洗浄

屋根や壁に付着した汚れや苔を洗い落とします。汚れや埃のついた上に塗装しても塗料の密着が悪く、将来のはがれの原因になります。

9.カーシートをかけている様子

お隣の車庫が近い場所での洗浄は、前日までにお隣の方を訪問し、当日の水洗いによる汚れが車につかないようにカーシートをかけさせて頂きたいと伝えます。境となる場所にブルーシートをかけますが、念には念をということで、カーシートをかけて洗浄するようにしています。

10.電気盤

11.土間洗いサービス

屋根や壁を洗い流した後の水を見ると、こんなに汚れていたんだと皆さん驚かれる事が多いです。屋根や壁を洗浄した水が土間や駐車場に残らないように、隅々まで高圧洗浄します。
(但し、土間洗いサービスは建物の状況によります。)

12.コーキング

コーキングが劣化すると、ひび割れを起こし酷い時には雨水が壁内部に浸透してしまいます。それを防ぐ為にもコーキングの打ち替えはとても大事な工程となります。使用するコーキング剤にも色んな種類がありますが、外壁にあったものを選択し、尚且つ既存の劣化した上に打つ増し打ちではなく、既存のコーキング剤を撤去してから打つ工法により作業致します。

13.養生

14.夏の不満

窓に養生をすると、夏場などは窓を開ける事が出来ないので夏時の塗り替えは避けたいのと話される事があります。それを踏まえ、夏時には窓が開くようにするか、一日の作業終わりに養生を外して、お客様の不快を無くすように心掛けています。それ以外にも、気になる事があった場合は、その都度確認させて頂きますのでご安心下さい。

15.給湯器、室外機

窓やクーラーの室外機、あらゆる所に養生をしていきます。養生とは、塗料が付着するのを防ぐ為に、ビニールシートで被い、養生テープで固定する作業です。この作業をどれだけ丁寧に行うかで、作業の効率、仕上がりの綺麗さが変わります。室外機においては専用のカバーを使い、給湯器においては塗装の直前に養生し塗装後すぐに外すようにしています。

16.木部について

木部においては前回の塗料のめくれや浮き、ささくれなどが多いので、ペーパーマジックロン、ワイヤーブラシ、かわすきといわれる道具で丁寧にそれらを取り除き、隙間などには、コーキングをして下塗りをしていきます。吸い込みが激しい箇所は二回塗る事もあります。

17.鉄部

鉄部においては、錆止めを先に塗装します。錆止めをするにあたって、まず紙ペーパーにて旧塗膜とサビを落とします。この作業がケレンと言われる作業です。時間のかかる地道な作業ですが、これをしっかりする事は錆止めをしっかり定着させる為にはなくてはならない作業です。錆の発生原理としては、自然界には鉄が酸化鉄の状態(鉄鉱石)で存在しています。それを還元処理させて鉄にして製品にしているわけですが、水と空気が着くことで酸化鉄に戻ろうとします。これが錆の原因です。錆止めと言うのはこの酸化現象に必要な水と空気から鉄を遮断することで錆させないようにするものです。錆止め塗装を行わないで上塗り塗装をすると、通常の上塗り塗料は密着性も空気と水の遮断性も錆止め塗料より低いので、そう長く経たないうちに錆が進行しはじめ、酸化し体積が大きくなった錆によって膨らみ塗料はハガレ始めます。錆止めとはそれを防ぐ為の作業です。

18.外壁

下塗り

下塗りの作業は丁寧に、細かいところまでしっかりとを常に心がけています。この上に中塗り、上塗りが重なりますので上にのる塗料の密着をよくする為にもこの作業はとても大事です。

中塗り

下塗りの次の工程です。中塗りに入る前に、再度養生の確認をします。中塗りにおいては、下塗りの確認をしながら刷毛やローラーでひと塗り、ひと塗り丁寧に塗りすすめていきます。

上塗り

最後の仕上げとなるので、塗り残しやタレがないように塗りすすめます。仕上げ塗りは中塗りよりも塗料を少し多くのせ、まんべんなく塗るのがコツです。

19.屋根

屋根の塗装においてはまずシーラーと呼ばれるものを湿布していきます。これは塗料の密着を良くするもので、屋根材によっては屋根材自体を強化させる強化シーラーとよばれるものを用いることもあります。

20.ローラーと刷毛について

塗装に使用する道具は数種類ありますが、主にローラーと刷毛を使用します。この2種類にも大小様々なものがあり、塗る部分の大きさや平面的な部分か立体的な部分かなどによっても使い分けています。

21.確認

養生シートを外し、壁の塗り残しや汚れ、細かいところまで仕上がりの点検をします。その時点で気になる事があれば手直しします。

22.掃除

敷地内に忘れ物、ゴミなどが残っていないかを確認し、汚れている所があれば掃き掃除や拭き掃除をします。

23.足場ばらし

工事最終、足場を解体していきます。足場組みをした時と同じように、近隣の方、歩行の方に配慮して駐車し、作業を進めていきます。最後の一本まで気は抜けません。足場を解体したら綺麗になったお家のお披露目です。

24.ご入金

満足してご入金☆「ありがとう」+保証書(満足と信頼の証ですね☆)

  • まずはお電話でご相談ください
  • 無料診断はこちら
  • メールでのご相談
  • 資料請求はこちら